★小腸は通常ガスないため.

◎小腸ガスでイレウスを疑いますが、医学的介入の判断は必ずしもstraight forwardではありません。


■小腸ガスとは
・腹部Xpを臥位で見ます
・小腸の部分にひだが見えます。これが小腸ガス。
 ⇒大腸ガスは通常でも存在し,ひだが見えません。

※立位では二ボーが見えます.


■小腸閉塞(イレウス)の病態
・閉塞の近位に、
 ⇒小腸の分泌物が蓄積するため,拡張します。

・小腸はほぼ無菌のため、
 ⇒細菌増殖+飲みこんだ空気の蓄積 により、
 ⇒拡張を助長されます。

・状態が続くと小腸壁が浮腫し、
 ⇒本来の吸収能が阻害され、
 ⇒更に拡張,脱水となります。


■小腸ガスはどのような時に見られるか

①機械性イレウス…特に小腸閉塞
②急性腸炎
③麻痺性イレウス…虫垂炎,膵炎など
病歴で②は除外でき,①と③の鑑別が重要となります.
⇒治療が全く異なってくる+イレウスならこれ以上の検査は必要ないからです。
※②は様々な腹部レントゲン像を呈す

鑑別…
 ・有意に拡張しているか=3cm以上の拡大
 ・閉塞部位の前後で口径差があるか
  ⇒拡張していない小腸は見えないから,評価難しいです。
  ⇒大腸ガスの無い事で判断します。
   …病変が小腸だけなら,それより尾側は中身ないはずです。
 ・立位で液面が揃っていないか
  ⇒麻痺性イレウスは腸蠕動↓により内容の移動なくなります
  ⇒体位の変動によって液面が大体均一になります。

closed loop obstructionには注意する
⇒小腸ガスがはっきりしないことがあります
 …closed loop内は液体貯留となるため,ガスが見えない
⇒ループ状,少量の小腸ガスから疑ってかかります


◎一方、小腸ガスがあるからと言って、イレウスの診断とは必ずしもなりません。
 教科書と異なるところですが、CTを取って狭窄起点等評価します。
 実際、ウイルス性腸炎でも小腸ガスを呈し得ます。


参照 UpToDate,臨床研修のための一般外科指南書