★詳細は不明だが、利尿作用↑にGFR↑が必要だと考えられている。

◎ANPに関しては新薬開発が進んでいます。ただ現状、ハンプが効果的なのは特にCS1の場合で、CS1はハンプなしでも管理可能なことが多いです。


■ANPの作用
①血管拡張⇒血圧↓

②Na利尿作用

●基本的にNa、水を排泄する方向へ作用する
・髄質の集合管においてNa再吸収を阻害
近位尿細管でのNa再吸収を阻害
 …尿細管の静水圧↑、局所でのドパミン放出による
⇒まず集合管に作用;ここでのNa排泄は軽度
血管内水分量↑によりGFR↑が進むと、近位尿細管にも作用
ANPによるNa排泄は、GFR↑が必要
…心不全への対応ということ。この点において、利尿が生理的といえる。

ANPの血管拡張作用によりGFR↑となるが、腎血流量はほぼ変わらない
…輸入細動脈拡張+輸出細動脈収縮となっているかも

・その他、レニン放出↓、アルドステロン分泌↓、アンギオテンシンⅡによるNa再吸収とアルドステロン分泌↓、集合管のADHへの反応↓など
volume↑によるRAAS系↓は、一部ANPによっている


■生理的意義

腎動脈圧↓によりANPによる利尿作用がかなり悪くなる
ラシックスはほとんど影響を受けない
・心不全や肝硬変だとANP高いが、腎動脈圧が低いとNa利尿作用は低い
ANPは血圧を下げるが、腎動脈圧が下がるとNa排泄作用は悪くなる
⇒生理的意義はよくわかっていない
※但し、これにより利尿が生理的となっている

・しかし、ANPの作用は全体からすれば小さい
…血圧変動の方が作用が大きい 



参照 UpToDate, Guyton生理学(最高の生理学教科書)

Guyton and Hall Textbook of Medical Physiology, 13e (Guyton Physiology)