★ST上昇していないACSで、トロポニン上昇の有無で分けられる。

◎高感度トロポニンとなり、あまりこの違いは重要でなくなりました。


■定義の違い
不安定狭心症 (UA)
・ACSの所見だが、心筋壊死は来していない状態
=心筋逸脱酵素が上昇していない
心電図所見は関係ない(なくても構わない)

NSTEMI(非ST上昇型急性心筋梗塞)

・ACSで心筋壊死しているが、STEMIでない状態

※違いは心筋逸脱酵素上昇の有無
トロポニンはMI後6〜12時間経ってから上昇する
 ⇒初診時に区別できないことも多い
診断がトロポニンの感度に依存している
 …高感度トロポニンで検査すればNSTEMIの診断が増え、不安定狭心症が減る


■不安定狭心症の症状(Brownwald)

①初発(少なくとも2ヶ月で初めて)の労作時胸痛
 …特に軽労作 or 痛み増悪傾向の場合、PCIなしだと予後が悪い
②安静時胸痛
 …特に痛み持続 or ST変化ある場合、予後が悪い
③MI後24時間以内の胸痛

※こういった場合、ACS (不安定狭心症、non-STEMI、STEMI)の可能性あり
⇒緊急カテを検討する、ということ
…但し、TIMIリスクスコア 3点以上の患者のみ、緊急PCIで利益あるとの研究あり
 参照:

※胸痛は狭心痛であることが原則


■不安定狭心症の分類(Brownwald)
心筋逸脱酵素を考慮していないため、non-STEMIの分類ともなり得る
 ⇒但し昔の分類(心筋逸脱酵素が予後規定に重要な要素であることは分かっている)
①重症度分類
・Class Ⅰ:初発 or 重症 or 増悪傾向
・Class Ⅱ:安静時+亜急性 (48時間以内に狭心痛なし)
・Class Ⅲ:安静時+急性 (48時間以内の狭心痛)
②臨床状況
・Class A:二次性UA(発熱、貧血などある時)
・Class B:一次性UA
・Class C:MI後狭心症

⇒Class Ⅲ/Cが重症
…予後、CAG上複雑な病変であることと相関する
※但しnon-STEMI診断の12-14%がCAG上病変なし


参照 UpToDate