★低CaイオンとなりNaチャネルが敏感になるため。

■体内のカルシウム分布

●Caは血清中で
50%がイオン
40%が蛋白と結合(主にAlb)
③10%が塩
として存在する。
⇒この内,生理的に働いているのはイオン

過換気で低Caイオン血症となる
・過換気
⇒呼吸性アルカローシス
⇒代償性に代謝性アシドーシスとしたい
蛋白がHを離す
蛋白が陰性となり,Ca2+と結合
 =Caのイオン型が減り,蛋白結合型が増える
低Ca2+血症

■低Ca2+血症でテタニーとなる

・低Ca2+血症
神経細胞Naチャネルへ影響
 ①ちょっとでも脱分極に近づくと、開口するNaチャネルの数が増える
 ②Naチャネルの透過性が亢進する
(なぜこうなるかは不明)
神経細胞へNaが流入しやすくなる
神経の興奮性↑
 =テタニー

※筋収縮の際のCaイオンは細胞内であり、低Ca2+血症とは関係ないことに注意。

参照 Guyton, UpToDate