★紛らわしいですが、アンドロゲンは3種あり,その内の1つがテストステロンです。

なぜ一流の男は精力が強いのか? 男性ホルモン力を上げれば人生が変わる



アンドロゲン男性ホルモン の種類
デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)
副腎皮質網状層で産生。
⇒血中では主にDHEA-S(塩酸塩)として存在。
・20歳ごろがピークで、加齢とともに直線的に低下していきます。
・「若返りホルモン」とよばれ、免疫活性化,循環改善に寄与します。
・ストレス、睡眠や食事も影響します。良い生活習慣により、DHEAの減少を防ぐ事ができます。
※特に、健康的な運動(1日30分程度の有酸素運動)がDHEA増加に効果がある可能性があります。

DHEA欠乏によりsexual dysfunctionが生じ、問題となるケースがあります(特に女性)。この場合、DHEA補充療法の適応となりえます。ルーチンに補充療法を行う事はガイドライン上推奨されていませんが、一部の患者に効果が認められます。


テストステロン
・95%が精巣で作られます。
 …LH刺激⇒Leydig細胞が、DHEAをテストステロンに変化させます
男らしくする作用があります。
 …筋骨格系↑,生殖器↑,体毛↑
・年齢とともに減少していきます。

アンドロゲン欠乏症に対するテストステロン補充は、ガイドラインで推奨されています。
※高齢男性はアンドロゲンが欠乏しています。テストステロン欠乏により疲労等の症状が出現しますが、この場合のテストステロン補充療法は推奨されていません(リスクがより高いと判断されるため)。

▶︎運動が良いです。補充に頼らずにやってきましょう。

筋トレは必ず人生を成功に導く 運命すらも捻じ曲げるマッチョ社長の筋肉哲学




ジヒドロテストステロン
毛乳頭や皮脂腺にて
5αリダクターゼでテストステロンが還元⇒ジヒドロテストステロン産生

●「脱毛ホルモン」で、AGA(進行性男性型脱毛症)の原因です。
…髪に作用し、ヘアサイクルの成長期を休止期や退行期に変え、抜け毛を生じさせます。

AGAの治療でガイドライン上推奨されているのは、5αリダクターゼ阻害薬(フィナステリド)の内服+血管拡張薬の1種(ミノキシジル)外用です。
 …Grade 2Bです。これはそれほど推奨されていません。
 ⇒なぜなら、脱毛は医療介入しなくても問題ない事がほとんどだからです。
 ⇒ただし、社会的に治療を求める声が多いため、医療ガイドラインがあります。

・フィナステリドは抗アンドロゲン薬の一種ですが、これは紛らわしい分類です。なぜなら、テストステロン⇒ジヒドロテストステロンの変化を抑制する薬のため、テストステロンの減少を抑え得るからです。
・内服が嫌な人は、ミノキシジル外用のみで対応することもあります。
ミノキシジルは、リアップなど、市販されています

【第1類医薬品】リアップX5 60mL

・あまり副作用は多くないですが、
 ⇒フィナステリドにより性障害が生じる可能性があります 
 ⇒ミノキシジルにより皮膚炎が生じ得ます(稀です):稀でなければ市販されません

・重要なことは、これらの治療は中断してはいけない、ということです。中断すると、間違えなく脱毛が進行します。副作用はあまり心配しなくてよいと思います。なぜなら、副作用が強ければガイドライン上Grade C以下になるからです。


参照 UpToDate