★パルボ感染で造血産生停止するため。

◎パルボウイルスの感染症(伝染性紅斑)で貧血となる病態は機序から推定可能です。鎌状赤血球はUSMLEに頻出。

■パルボウイルスB19感染

赤血球前駆細胞破壊
1週間程度の造血停止
 これは誰でもおこります。

・しかし、健常人の赤血球の寿命は120日
⇒軽度貧血にとどまります


■貧血となる病態

球状赤血球症,鎌状赤血球症
 =赤血球のターンオーバーが早い 
⇒産生が追い付かない
⇒重度貧血

鉄欠乏性貧血
 =赤血球産生が低下している
⇒産生が追いつかない
⇒重度貧血

免疫不全,免疫抑制状態
 =感染が長引く
⇒造血が始まらない
⇒重度貧血