★クレアチニンは濾過された後再吸収されない!

・糸球体濾過量を測りたい
再吸収されないものが目安になる

イヌリン
・再吸収されない
⇒投与し,排泄量を測れば濾過量がわかる
⇒正確だが,面倒くさい

クレアチニン
クレアチン:肝で生成,脳や筋肉に取り込まれ,細胞内でATPと反応しエネルギー源となる
⇒代謝産物がクレアチニン
⇒尿中排泄量が筋肉量と比例
 =体重あたりほぼ一定で,食事や尿量に影響されにくい
 +再吸収されない
⇒イヌリンの代わりに用いられる