★NSAIDsは慎重投与!

喘息の約10%にアスピリン喘息が含まれている
⇒アスピリン喘息は,COX1を阻害する薬なら何でも喘息起きる
⇒喘息の人にNSAIDsは慎重投与.

●アセトアミノフェンも弱いCOX1阻害作用有り!
⇒アスピリン服用しなくてはならない患者
⇒アスピリン減感作を行う
(但し高用量でなくては十分なCOX1阻害作用はないとされるため,使われうる.)


基本的には,NSAIDsとアセトアミノフェンは禁忌となっている!
⇒比較的安全に使えるもの
⇒①選択的COX2阻害薬:セレコキシブ(セレコックス)
  ②塩基性のNSAIDs:チアラミド塩酸塩(ソランタール)
  …効果はやや劣る

※但し,アスピリン喘息がないかは患者に確認する
⇒なければ,NSAIDs用いる.