★平衡で成り立っていることが重要.末期に全て破綻する!

①Kがたまる

普段,摂取した分だけ尿細管で分泌し,濃度を保つ
⇒腎機能に比べK多く摂取
⇒一過性に血漿K上昇
⇒排泄量も上昇
⇒戻る
⇒何%かの尿細管が使えなくなっても,他で代償できる
  =GFRが80%以上低下しても大丈夫
末期になると破綻し,高Kとなる

②水がたまる
・水を排泄する,ということについても同様
⇒末期になると平衡が破綻し,水分貯留,それに伴い低Naとなる

※末期になり破綻するのは,ネフロンの機能異常ではない
⇒むしろ,極端にネフロンの数が減り,代償できなくなるため.

③高血圧
1.体液量の増加
⇒血圧↑
※臨床的には浮腫により証明される
2.RAAS系の亢進
2-1.腎血管性の場合
⇒レニン分泌↑
⇒RAAS系↑
2-2.その他の腎病変
⇒腎の構造的な異常
腎の虚血
⇒レニン分泌↑
⇒RAAS系↑
 

参照  体液異常と腎臓の病態生理