★心停止=pulseless VT or VF

◎VT(心室頻拍)
⇒3回以上連発する,心室起源の頻拍(>100bpm)
・単形性VT:QRSがだいたい同じ
・多形性VT:QRS違い,RR間隔も異なる 

◎VF(心室細動)
⇒正常なQRSなく,P波も見られない
⇒絶対意識消失する

◎Torsade de pointes
QT延長による
⇒定義が2通りある
 ・Torsade de pointesを多形性VTとするもの
 ・QT延長の有無で多形性VTとTorsade de pointesを分けるもの
・サインカーブ状の振幅変化のある,VF様波形

★VTとVFの鑑別
・wide QRS頻拍
意識消失あり: VF or 無脈性VT(規則的)
⇒意識消失なし: VT or 脚ブロック+上室性頻拍(心房起源)
 ※p波あれば上室性頻拍

★VFとTorsade de pointesの鑑別
・Torsade de pointesの古典的な波形がはっきりすることは少ない
⇒①Torsade de pointesは,多形性VTのうち間欠期にQT延長を伴うもの
  ⇒発症直前,若しくは止まった直後の波形
  ②Torsade de pointesは非持続性のVTなので,30秒以内に大抵止まる



治療の観点(ACLS2010に準拠)
・VF,無脈性VT
心停止アルゴリズムに準拠する
・脈のあるVT
脈拍のある頻拍アルゴリズムに準拠する
⇒不安定な;電気ショック
      ※規則的:同期電気ショック100J,不規則:同期電気ショック200J(wide), 除細動(narrow)
⇒状態安定な患者;迷走神経刺激(regularの時)
                   ⇒irregular=AFだが,AFは房室結節を介したリエントリーを持たないため
            薬物療法

※治療が異なってくるポイント
 心停止がTorsade de pointesによると疑われる場合⇒硫酸Mg投与推奨
 Torsade de pointesによる安定した頻拍の場合⇒硫酸Mg,リドカイン使用できる
 Torsade de pointesの場合,QT延長に対する精査が必要
⇒一次救命(心停止)の段階では,鑑別は重要でない;アドレナリン,アミオダロンしか使わない
⇒洞調律に戻った後,QT延長の原因検索をするかがポイント.