★子宮頸癌に対するコルポスコピーでも同じく用いられていた!

インジゴカルミン
・色素であり,凸凹をみやすくする

酢酸
・普段,胃は酸性の環境
⇒正常粘膜は粘液産生し防御
⇒癌細胞は粘液産生しない

・内視鏡施行時,胃内容物ない
⇒刺激なく,胃酸産生されない
酢酸により刺激,胃粘膜より粘液産生させる
粘液とインジゴカルミンが結合する
⇒病変は染まらず,赤いまま
⇒インジゴカルミンだけより見やすい