★ビタミンK!

・閉塞性黄疸 
⇒胆汁が消化管内へ行かない
⇒脂質とミセルを作れない
⇒脂溶性ビタミンが吸収できない
⇒①ビタミンK吸収↓
 
肝細胞障害

ビタミンK吸収↓
⇒ビタミンK依存性蛋白(Ⅱ, Ⅸ, Ⅶ, Ⅹ, protein C, protein S)の活性化障害
  ・ビタミンK:上記蛋白のカルボキシル化(CO2付加)に必要な補酵素
PT延長
※腸内細菌でもビタミンK合成が活発に行われている
⇒抗菌薬投与でビタミンK欠乏来しうる

肝細胞障害
⇒①の反応は肝で行われる
⇒PT延長


参照 リッピンコット生化学