★出血性ショック⇒アシドーシス,凝固異常,低体温
 互いに助長する!


■出血性ショックにより,

1. 嫌気性解糖:乳酸↑
 ⇒代謝性アシドーシス
2. 酸素供給↓+輸液,脱衣,手術
 ⇒低体温
3. 出血
 ⇒DIC;凝固異常


■アシドーシス⇔凝固異常
代謝性アシドーシス
⇒心拍出量↓,低血圧,不整脈,カテコールアミン効果↓
 +凝固因子の活性↓
⇒凝固異常
凝固異常
DIC, 臓器への血流↓
⇒嫌気性解糖
⇒アシドーシス

■低体温⇔凝固異常

低体温
酵素の活性↓+血小板活性↓,血小板接着↓(vWFとGPⅠb-Ⅸ-Ⅴの相互作用阻害)
⇒凝固異常
 ※大量輸液,輸血により更に悪化する:http://blog.livedoor.jp/megikaya/archives/22790927.html
凝固異常
⇒輸血,輸液
⇒低体温

■アシドーシス⇔低体温

アシドーシス
心拍出量↓,低血圧,不整脈
⇒血液循環↓
⇒低体温
低体温
酸素解離曲線が左方偏位
⇒Hbが酸素を離しにくくなる
組織への酸素供給↓
⇒嫌気性解糖
⇒アシドーシス


参照 UpToDate,標準救急医学,Blood
死の三徴、triad