★左脚前肢ブロックが左軸偏位.

◎電気の流れを理解するのは、一朝一夕では難しいですが、わかると色々見えてきます。

■解剖
非常に良いイラストです⇨http://illustrator-amy.com/2015/07/29/post-42/

①左脚前枝ブロック
(★)刺激伝導系で下に行き:早い伝導
(◆)その後心筋を伝導して左上へ:遅い伝導
Ⅰ誘導:(★)ほんの少し逆向き→(◆)同じ向き
  ⇒qRパターン:下向きのQ小さく,上向きのR大きい
aVF誘導:(★)同じ向き→(◆)逆向き
  ⇒rSパターン:上向きのR小さく,下向きのS大きい
➤Ⅰが(+),aVFが(-)より左軸偏位

※-45°以上の高度左軸偏位となる


②左脚後枝ブロック
・①の逆と考える
右軸偏位

※但し左脚後枝ブロックは稀です
左脚後枝自体が厚く,左室流出路の近くで保護されているためです!