★炎症性サイトカインによる悪循環.

◎鉄関連の検査は日常診療でよく使います。その解釈は臨床医として基本知識ですが、病態までわかると治療につながります。

ヘム鉄粒(約3ヶ月分) 送料無料 鉄 鉄分 サプリ ミネラル サプリメント 非ヘム鉄 鉄分補給 女性特有 ダイエット 健康 鉄分不足 ヘルスケア フラフラ感のお悩みに 健康に欠かせない成分「鉄分」を配合 【M】 _JB_JH_A10


貧血には、やはり鉄剤です。


■慢性炎症⇨貧血の機序
複数機序があります。

●ヘプシジン産生↑
 ....IL-6(炎症性サイトカイン)によるJAK/STAT3経路の活性化が原因
⇒①消化管からのFe吸収↓
⇒②マクロファージ内にFeトラッピング
 ⇒血漿Fe濃度↓
⇒③Feとトランスフェリンの結合阻害

よって、ヘモグロビン合成↓
⇒赤血球合成↓

※この機序の為,鉄不足時は鉄補給が有効です。
トランスフェリン飽和度(TSAT)≧20%,フェリチン≧100を目標とします(後述)
⇒まず経口投与です.経静脈は議論が有ります。
 …アレルギー,鉄過剰(実際にはまれ),手間とコストに対し,利益が微妙との話です


●炎症性サイトカイン(IL-1,IL-6,TNFα)↑
⇒①腎細胞のエリスロポエチン(EPO)発現↓
  ⇒EPO産生↓
⇒②赤血球前駆細胞のEPOレセプター発現↓
  ⇒赤血球前駆細胞アポトーシス
  ⇒EPOに対する反応性↓

よって赤血球産生↓

※この機序の為,慢性炎症による貧血にEPO投与が有用です。
 (当然,原疾患の治療が最重要ですが)


●炎症によるマクロファージ活性化
⇒①赤血球貪食↑
  ⇒赤血球↓
⇒②freeなトランスフェリンを貪食
  ⇒トランスフェリン↓

これらが複合して貧血となります。


■TIBC,UIBC,TSATの検査についてまとめ

この計算式をよく使います。
TIBC(総鉄結合能)=血清鉄+UIBC
トランスフェリン飽和度(TSAT)=血清鉄÷TIBC

この前提は以下の通りです。
・鉄(Fe)の0.1%が血中にあります。
・血清鉄とは、トランスフェリンと結合したFeのことです。
鉄と結合していないトランスフェリンがあります
 ⇨これが、UIBC(不飽和鉄結合能)です。


参照 UpToDateなど