★具体的に考えましょう.

◎呼吸器によっても異なりますが、ここでは呼吸様式がどう変化するかという話です。

呼吸数を12/分に設定した時,

●自発呼吸0/分の時

 

SIMV

A/C

強制呼吸

12

12

補助呼吸

0

0

PSV

0

0


▶同じです。


●自発呼吸10/分の時

 

SIMV

A/C

強制呼吸

2

2

補助呼吸

10

10

PSV

0

0

 
▶同じです。


●自発呼吸15/分の時

 

SIMV

A/C

強制呼吸

0

0

補助呼吸

12

15

PSV

3

0

 
▶SIMVが15-12=3 回がPSVとなります。


※PSVとは,設定した圧を自発呼吸に乗っける方法です.

※補助呼吸とは,設定した圧or量で換気し,吸気の減速に反応して呼気のモードに入る(%で設定するか,大抵は25%に設定してある)方法です.