★日焼け。

◎全身性エリテマトーデスで蝶形紅斑は有名な兆候ですが、その機序はあまり知られていません。

■紫外線の影響
DNA障害を、以下の機序で来します。
DNAに対する抗体産生,複合体形成,補体活性…と通常の経過
ケラチノサイト活性化
 ⇒抗RNP,Ro,La抗体と結合
 ⇒IL-1放出
③膜の構造が変化
 ⇒膜におけるリン脂質代謝が変化
④ケラチノサイトのアポトーシス↑+貪食細胞による,死んだ細胞のクリアランス↓

・紫外線自体により、自己免疫の程度も強ります.

▶よって、SLEの場合、紫外線によってダメージを受けやすいです
⇒一番紫外線を浴びやすいのが目の周りです
⇒その部分の皮膚細胞が障害を受けて紅斑となります。
(つまり日焼けのような機序です)


参照 UpToDate