★アミノグリコシドが良く効くようになる.

・アミノグリコシド(ゲンタマイシン,アミカシン)
…リボゾーム30Sに作用する,殺菌性抗菌薬
  カバーは緑膿菌含むGNR中心.
  ⇒GPCについては,βラクタムとの相乗効果を期待.
  腎排泄なので尿路感染にはよい.肺への移行は微妙.

・βラクタム系抗菌薬+アミノグリコシド
βラクタムによる細胞壁合成阻害により,細菌細胞の透過性↑
⇒通常では到達しえない部位へ アミノグリコシドが到達
⇒抗菌作用が増強

※混注してはいけない!
…アミノグリコシドは陽性,ペニシリン系は陰性に荷電
 ⇒長時間共存させると不活性となる

■適応
緑膿菌菌血症:エビデンスが微妙(in vitroでは確かめられているが)
         ⇒ルーチンでの使用は勧められない
          …high riskで使用勧められる:かなり好中球減少,初期治療の遅れ,骨髄移植後
・他,連鎖球菌,腸球菌感染症(特に感染性心内膜炎)に用いられる
…この使用もコントロバーシャルである

 
参照 UpToDate,イラスト薬理学