★リスクを考慮し,経口抗菌薬で良い.

■好中球減少症
・正常な炎症反応を起こせない
症状がでにくい
発熱のみがサインの場合がしばしばある
⇒発熱性好中球減少症といわれる

・好中球減少:重要な感染症が起きうる,という意味において
        ⇒「好中球<500」(UpToDate)
        ⇒IDSAは「好中球<100」としている

・リスク
高リスク…①好中球減少が7日以上続く,と予想される場合
         ②はっきりとした肝 or 腎不全を伴う場合
         ③同種骨髄移植施行中,急性白血病に対しケモ施行中
  低リスク…上記全てない場合
  中リスク…自家移植,リンパ腫,CLL,MM,プリンアナログによる治療
        好中球減少が7-10日

■抗菌薬予防投与
高リスク群に推奨される
⇒低リスク群には推奨されない
  中リスク群はcase by case
ニューキノロンの有効性がエビデンス高い
⇒但し,耐性菌がはこびっている地域では,予防の有効性は低くなる

ニューキノロンと他の抗菌薬の併用は,推奨されない
⇒感染による死亡率に影響しない

・抗菌薬を切るタイミングは,あまり研究されていない

■ニューモシスチス肺炎(PCP)

・致死率はほぼ100%
⇒ST合剤(バクタ)による予防が極めて有効
・適応
…薬:プレドニン≧20mg,免疫抑制薬,プリンアナログ
  ALL
  同種骨髄移植,臓器移植
  SCID,特発性CD4 Tリンパ球減少症,高IgM血症

■抗ウイルス
①インフルエンザ
・ワクチン接種すべし
②HSV,VZV
・HSV抗原(+),同種移植施行中,急性白血病の初期治療
⇒アシクロビルかバラシクロビル投与すべき
③CMV
・抗原(+)の場合,ガンシクロビルを使用
④HBV
・HBV抗原(+),HBV DNA量↑,B型肝炎治癒後
⇒抗ウイルス薬を,治療後最低6ヶ月継続すべき


参照 UpToDate