★鑑別困難な場合,鎮咳薬処方してよい.

■鑑別,診断基準

感冒後咳嗽(感染後咳嗽)
診断基準は無い

咳喘息
・咳嗽のみが8週間(3週間)以上持続,wheezeを認めない
・気管支拡張薬が有効
どちらも満たすこと.

アトピー咳嗽
・乾性咳嗽が3週間以上持続
・気管支拡張薬が無効
・アトピー素因を示唆する所見,又は誘発喀痰中好中球増加
・ヒスタミンH1受容体拮抗薬又はステロイド薬にて咳嗽発作が消失

非喘息性好酸球性気管支炎
・アトピー咳嗽と類似するが,喘息へ移行しうる点など異なる
⇒アトピー咳嗽の症例の一部+軽症咳喘息の症例の一部,と考えられる

④他,後鼻漏,GERD,ACE阻害薬,喫煙,上気道炎


■診断に有用な特徴

感冒後咳嗽
・1~2ヵ月続く咳の,最も多い原因
3ヶ月以内には軽快する
鎮咳薬に反応する
・咳喘息とは違う病気
⇒風邪,というきっかけが同じであるだけ.移行はしない.

咳喘息
・喘鳴が生じるほどでない,軽度の気管支収縮が原因とされる
・夜間~明け方に悪化する
気管支拡張薬で咳が改善する
…本当は気道過敏性の亢進(喘息の特徴)の証明が必要だが,実用的でない
プレドニン内服(20~30mg)が著効する
 
アトピー喘息
アトピーとはアレルギー素因のことをさす
⇒診断にアトピー性皮膚炎は全く必要でない
のどのイガイガ感が特徴的
・気道の収縮は見られない
気管支拡張薬は無効
・咳喘息ほど頻度は高くない
ヒスタミンH2ブロッカーが有効

②,③は増悪因子があることが特徴
⇒温度差,天候など


■実用的な対応
①ACE阻害薬,喫煙を除外する
②鑑別に迷った時,中枢性鎮咳薬を処方する
 =感冒後咳嗽として対応
 ※積極的に疑われる疾患があれば,それに準じた治療を行う
③効かない場合,β刺激薬吸入
 ⇒効けば,吸入ステロイド+抗ロイコトリエン薬を処方
  =咳喘息として対応
 ⇒効かなければ,H2ブロッカー処方
  =アトピー喘息として対応
④効かない場合は,使っていない薬を使用
⑤効かない場合,他の疾患を考える
 ⇒特にGERD,結核など
 ⇒まず胸部X線
 

■鎮咳薬について
・メジコン(デキストロメトルファン)は有効
⇒3錠分3で効果ない場合,6錠分3~8錠分4で効くかもしれない
ハチミツ(特に小児,就寝前)が鎮咳効果にエビデンスあり
・慢性咳嗽(=8週以上)にガバペン(ガバペンチン)が有効
・オピオイドも有効

 
参照 日内誌,寄り道呼吸器診療,UpToDate,薬の処方トレーニング