★なんとなく原則を知っておくと良いかも.

■重要な点
・出血性ショック,糖尿病性ケトアシドーシスなどは,急速に補液する必要がある
⇒現場ではボーラス投与とする
高張食塩水,グルコース投与の時は,ある程度遅くする必要がある
⇒①高張食塩水:100ml/h以下で
  ②glucose:0.5g/kg/h以下で
  …生体内で代謝される速さを考えないと,浸透圧利尿により脱水を生じてしまうから
  ⇒5%グルコース:10ml/min以下
    10%グルコース:5ml/min以下

■輸液速度に関する簡易化

 

ml/min

滴数/min

ml/hr

very slow

1

15-20

60

slow

2

30-40

120

moderate

4

60-80

250

rapid

8

120-160

500

very rapid

16

240-320

1000

extremely rapid

32

480-640

2000


・1ml≒15-20滴
1秒に1滴=slow~moderate
・5%Glu投与時:moderate以下とする


■尿量を考慮に入れる

・「0.5ml/min=30ml/hr=720ml/day」を基準とする
…これは不感蒸泄(15ml/kg/day)-代謝水(5ml/kg/day) =10ml/kg/dayとほぼ等しい
⇒例)・尿量がこの基準だと,
     水の支出≒1/ml/minとなる
    ・x ml/minで輸液した場合,
              x−0.5ml/min がおおよその尿量となる
    ・0.25ml/min(=360ml/day)だと乏尿の基準
 

参照 ドクター和田の輸液の基礎知識