★ビタミンB6阻害によるナイアシン生成阻害.

●ピリドキシン(ビタミンB6)
ピリドキサールリン酸(活性型)となる
⇒色々な反応の補酵素となる
 …アミノ転移作用,脱アミノ作用,脱カルボキシル作用など

●イソニアジド(INH)
ピリドキシンと化学性が似ている
⇒ピリドキシンと結合,尿中に排泄↑
 +ピリドキサールキナーゼ阻害,活性型への反応↓
ピリドキサールリン酸↓
⇒多くのアミノ酸生成↓
 ①セロトニン,GABAなど神経伝達物質↓
  ⇒神経障害
  ※副作用として最も有名.だがまれ(0.2%).
 ②トリプトファン↓
  =ナイアシン(ビタミンB3)の前駆体
  ⇒ナイアシン欠乏=ペラグラ
 ※INHを長期使用した場合のみ考えられるが,頻度は低い
  …ナイアシン自体を摂取できるため,
  …INH使用時にビタミンB6投与が行われるため 


参照 UpToDate,呼吸器内科医 
更新 2014/8/17