★アミオダロンの半減期は100日なので,副作用も遷延する.

■甲状腺機能異常
亢進も低下も起こる.
①アミオダロンはヨウ素を含む
⇒アミオダロン200mg/dayにつき,6mgのヨウ素が吸収される
 …成人1日の摂取量は0.3mg
⇒正常ならヨウ素を多量に摂取しても,甲状腺ホルモンの合成は亢進しない
 (Wolff-Chaikoff effect)
結節性甲状腺腫,自己免疫性甲状腺疾患などもつ人は,Wolff-Chaikoff effectがうまく働かない
甲状腺機能亢進

②アミオダロンは甲状腺ホルモンを阻害する
 ・「T4→T3」の5'-脱ヨードを阻害する
 ⇒T3産生↓,revearse T3産生↑
 ・T3受容体の核受容体への結合を阻害する
甲状腺機能低下

③甲状腺濾胞細胞を直性攻撃する
壊性甲状腺炎を起こす
⇒甲状腺機能亢進(→低下)


■肺毒性
●間質性肺炎,ARDS,肺胞出血など多彩.
肺を直接傷害する
 ・肺に親和性が高い
 ・アミオダロン-リン脂質複合体が細胞内に蓄積
  ⇒代謝経路を阻害
  ⇒アポトーシス,ネクローシス
 ・活性酸素を生成
 ・慢性炎症を惹起
アレルギー
 ・リンパ球浸潤(CD8優位)
 ・免疫染色で,肺にIgG陽性となる


■心毒性
①洞除脈.房室ブロック
 ・その部位のCaチャネル阻害による

②QT延長
 ・Kチャネル阻害による
 ⇒しかしTorsade de pointesは起こらない
 …早期後脱分極によるtriggared activityが起きづらいため


■肝毒性

●機序
リン脂質とアミオダロンが複合体形成
 ⇒リン脂質の分解できない
代謝の過程で毒物を産生しやすい体質がある
 ⇒特に肝細胞
⇒肝障害
※組織的にはアルコール性肝硬変と似る
●症状
一過性AST,ALT上昇は25-50%に認める
肝内胆管胆汁うっ滞も認める⇒Bil上昇


参照 UpToDate