★推奨される.

■解熱の適応
・基本的に熱を下げるのに問題はない
 ⇒熱自体が感染からの回復・免疫力向上に効果がある,という研究はない
 +末梢のPGE2産生は免疫低下作用有り(NSAIDsはこれを抑制できる)

・熱を下げると,他の症状も改善する
 …倦怠感,関節痛,頭痛など
⇒高熱による神経障害も軽減できる

・ただし,熱型が診断に有用な場合を除く
⇒実際に臨床で有用なのは
 …熱の日内変動が小さい→チフス,粟状結核
   比較的除脈→チフス,ブルセラ,レプトスピラ症,薬剤熱,結核
   ○日ごと→マラリア,周期性好中球減少症


■解熱薬の機序
◎発熱のメカニズム
・細胞膜からアラキドン酸放出
⇒アラキドン酸カスケード↑
⇒COXによるPGE2産生
⇒視床下部のセットポイント上昇
⇒発熱
●NSAIDs:COXを阻害する
●アセトアミノフェン:脳内のp450シトクローム系により酸化される
           ⇒その酸化物がCOXを抑制
           …だから末梢での抗炎症作用はない
●ステロイド:①ホスホリパーゼA2を抑制
       ⇒アラキドン酸の細胞膜からの放出を抑制
         ②発熱に関わるサイトカインのmRNA転写を抑制


■基本的な解熱の考え方

①まずセットポイントを下げる=アセトアミノフェンを用いる
②次に熱の損失を促す=クーリング

クーリング(特に熱中症の場合)
・熱の放散により,体温を下げる事が出来る
・クーリングブランケットが有用
⇒しかし,過剰な血管収縮を促し,逆に熱の放散を妨げるおそれ
体表面の温度が30℃以下になるとシバリングを誘発
⇒熱を上げてしまう!


参照 UpToDate,ICU book