★効くシチュエーションもある.

■作用機序

●ARDS:肺の過剰炎症(急性期)
     ⇒間質において血管透過性が亢進
     ⇒血漿成分漏出,多核白血球浸潤
ステロイド
⇒①肺毛細血管からの血漿成分漏出を減少,多核白血球の遊走・接着を抑制
  ②白血球内の核にあるステロイド感受性遺伝子に作用,抗炎症蛋白の発現を増強
  ③NF-κBによる炎症蛋白の発現を抑制
⇒肺損傷を改善

■エビデンス
作用機序は明らかにされている割に,どんな状況でも効くわけではない.
1.発症早期に対する高用量ステロイド
 ・一次的な改善はあるかもしれないが,生存率・ARDS改善率は変わらない
 ⇒無効
2.早期の重症ARDSに対する低用量ステロイド
 ・PEEP10以上でP/F ratio<200の場合
 ⇒1mg/kgのmPSL投与+漸減で予後改善する
 ⇒治療推奨される
3.持続するARDSに対する中用量ステロイド
 ・炎症が持続するARDSは予後が悪い
  …7-14日目には線維化が始まる
 ⇒この間に2mg/kgのmPSL投与+漸減
 ⇒ICU滞在期間など改善(死亡率は変わらないかもしれない)
 ⇒治療推奨される
※但し,14日目以降より治療開始した場合,明らかに予後悪化させる
⇒治療禁止


参照 intensivist, ICU book