★入れた分だけ.

■コロイドの原則
'Q'は'Pc-COP'に比例する
…Q:液の移動
  Pc:毛細血管の静水圧
  COP:コロイド(膠質液)の血漿浸透圧
⇒Pcは平均20mmHg程度,COPは正常28mmHg程度
⇒通常状態で,液は間質から血管内へ移動している

●晶質液
⇒COP減らす
⇒血管外への水分移動を促す
●膠質液
⇒COPを保つか,増やす
⇒血管内へ水分移動させる


■アルブミン製剤
①5%アルブミナー
・COP=20mmHg
1L⇒700ml血管内,300ml血管外に
…外液の場合,250ml血管内,750ml血管外
3倍の血管内貯留効果あり
⇒研究)出血性ショックの場合,外液の5倍程度の効果あった
・入れた量の70-130%血管内へ行く,とされている
※但し12時間で効果切れる

②25%アルブミナー
・COP=70mmHg
入れた量の3-4倍血管内へ残る,といわれる


■Albへの効果
必要投与量=期待上昇濃度×循環血漿量÷アルブミン回収率
…循環血漿量:0.4×体重(kg)
  アルブミン回収率:0.4
※例えば60kgの人のAlbを1g/dl上げたいとき
⇒必要投与量=1×0.4×60÷0.4=60g
 …5%アルブミナーで1200ml,25%アルブミナーで240ml必要


参照 ICU book,アルブミナーインタビューフォーム