★一回拍出量変化で,輸液反応性の指標となる.

■SVV:stroke volume variationの原理
一回拍出量(SV)の呼吸性変動のこと
…吸気→肺血管床↑→前負荷↓→SV↓;SVmin
  呼気→前負荷↑→SV↑;SVmax
⇒SVV(%)=(SVmax-SVmin) ÷ SVmean
 =一定の前負荷変化による,拍出量変化の割合
 =Frank-Starlingの曲線における傾き

●Frank-Starlingの曲線
プレゼンテーション1
















・①より②の傾き大きい
=②のSVV大きい
SVV大きいと前負荷が少ない
⇒血管内volume少ない
輸液に反応する

・SVV=13%以上で輸液反応性あり,とされている
⇒一概には言えず,患者ごとに相対的に判断する必要ある
…SVVが輸液反応性と相関することは,研究で確かめられている


■SVVが当てにならない場合
flotrac(動脈ラインにつなげる機械)で測定する
・flotracは圧波形を基に統計からSVを算出する
⇒数値の信頼性は限定される
自発呼吸中一回換気量が少ないと当てにならない
⇒SVVはSVを基に計算するので,この場合不適
参照:http://blog.livedoor.jp/megikaya/archives/37091864.html
    http://blog.livedoor.jp/megikaya/archives/36032547.html

心機能障害がある場合
Frank-Starling曲線は下に移動する
⇒全体的に傾きが小さくなる
⇒②に部分でもSVVは小さい
SVVが小さい事が前負荷少ない事を意味しない

※加えて,心拍出量を増やせば予後がよくなる訳ではない
=輸液反応性があるからといって,輸液すれば良い訳でない


参照 Edwards社HP,AneSTATION,anesthemanのブログ