★SAHの内,80%しか動脈瘤が原因でない.

■SAH

・SAHの内,20%程度は動脈瘤が見つからない
非動脈瘤性クモ膜下出血
⇒この原因は,
 ①非動脈瘤性中脳周囲SAH:2/3を占める
 ②同定されない動脈瘤,血管奇形, 頭蓋内動脈解離,大脳静脈塞栓, 外傷,鎌状赤血球症,出血素因
  下垂体卒中,コカイン中毒, 脳アミロイド血管症,脊髄動脈瘤, 脳腫瘍,もやもや病,動脈炎


■非脳動脈瘤性中脳周囲クモ膜下出血
●特徴
・中年に多いが,どの年代でも発症
中脳前方の脳底槽~迂回槽~シルビウス裂の底部に限局するSAH
・動脈瘤が見つからない
・予後が良い
…再出血ほとんどない+生命予後は健常人と変わらない
 ※持続する頭痛,うつ病呈することはある
●原因
不明だが,いくつか提唱されている
 ①椎骨脳底動脈系の穿通動脈の破裂
 ②静脈系の血管破綻
 ③脳底動脈壁の壁内血腫


※「動脈瘤がみつからない」ことに関して
・3mm以下はそもそも見つけられないが,破裂する危険は少ない
・検査法
 ①血管造影:感度99.5%,特異度100%
 ②CT Angiography:感度97%,特異度97%
 ③MR Angiography:感度95%以上
⇒すぐできるCTAがよく研究されている
⇒普通のSAHの場合,②でなかったら①やる
中脳周囲SAHの場合,②でなかったら①やらなくていいかも
 …①は合併症あり,②と①やるより②だけの方がoutcome良かった


参照 UpToDate