★短時間では問題とならない熱源が,長時間接触することで生じる熱傷.

■温度,機序
(動物実験による)
SDB:37.8℃
DDB:41.9℃
Ⅲ度:47.9℃
圧力が加わると,これ以下でも生じる
 ⇒血流障害により熱拡散・希釈障害おきるため
・受傷部位にNOの活性酸素代謝物の蓄積有り
⇒NOの関与が考えられている

■臨床像

・皮膚所見では判断が難しいことあり
⇒より深部へ到達していることある
 …デブリードマン行って判断されうる

・カイロ,電気カーペットが典型的だが,長時間の入浴や電気こたつも原因となる.


参照  熱傷治療マニュアル