★脆弱な部位があり、そこに圧がかかってできる。

1












■憩室形成の機序
①箇所
直細血管輪筋層を貫く
      …内側の環状筋と外側の縦走筋のこと
直細血管のある箇所は筋層がない
⇒脆弱
・上行結腸、S状結腸に多い
…S上結腸は内腔が最も狭い
 ⇒高圧がかかる

②力学的原因
筋収縮が分節的に生じる
⇒腸管内腔を外へ押し出す力がかかる
⇒憩室できる
※この異常な腸管運動がなぜ起きるかは不明
 …平滑筋M3受容体のup regulationによるかも

③構造異常
●憩室ある腸管には、以下の変化がみられ、憩室形成に関与している可能性あり。
 ・輪筋層の肥厚、結腸ヒモの短縮、内腔縮小
 ・結腸ヒモへのエラスチン沈着
 ・年齢不相応なコラーゲンの変化


■憩室出血の原因
憩室内の血管と内腔との間には粘膜しかない
⇒障害うけやすく、出血する

■憩室炎の原因
・腸管内圧、消化された食物により憩室壁が侵食される
⇒炎症、局所の壊死
壁が貫通
 =憩室炎


参照 UpToDate