★被膜のある細菌に感染しやすくなる。

■脾臓の機能
・類洞にいる白血球:循環している細菌を貪食
・巨大なリンパ組織:抗体産生するBリンパ球の半数がいる
            オプソニン化も行う

●細菌は脾臓又は肝臓の白血球により除去される
⇒多くは補体or脾臓でのオプソニン化後に感知される
細菌に被膜があるとオプソニン化されにくい
 …①細菌にくっついた補体と白血球の反応↓
   ②補体が結合しにくい
 ⇒脾臓でのみ除去される
  よって、脾臓摘出後は、主に被膜のある細菌に感染しやすくなる

※被膜のある細菌:S.pneumoniae、H.influenzae、Neisseria.meningitis


参照 UpToDate、Lancet. 2011;378(9785):86.