★免疫法ではならない。

■化学法
・大腸癌に対する感度は30~40%程度
・赤血球のヘムがもつペルオキシダーゼ様作用を検出
⇒試験紙を用いて判定

オルトトリジン法
 ・以前使われていた、感度の高い検査
 ⇒肉、魚、緑黄色野菜、ミオグロビンでも陽性となる
グイヤック法
 ・特異度の高い検査
 ⇒オルトトリジン法の1/50~1/100程度
 ⇒微量の血液は検出できない 
※通常①と②を組み合わせて使う


■免疫法
ヒトグロブリンに対する免疫にて血液を検出
上部消化管出血由来のグロブリンは消化液で変性し、陽性とならない

●潜血に対する、各検査の陽性率

 

化学法

免疫法

上部消化管出血

95%

16.70%

下部消化管出血

93%

66.70%




参照 UpToDate、週刊医学会新聞