★詳細な機序は不明。

■ネフローゼ症候群⇒脂質↑
①産生↑
血漿膠質浸透圧↓
肝細胞でアポプロテインB転写↑
 …この機序は不明。単純な代償ではない(膠質浸透圧を上昇させるには分子量が大きすぎるため)
  アルブミンやデキストランで浸透圧を上げると、転写下がる

②代謝↓
・脂肪代謝:VLDL→IDL→LDL
      …ポプロテインリパーゼによる
      ⇒ネフローゼではこの代謝が遅くなる
参照:http://blog.livedoor.jp/megikaya/archives/29639547.html
LDL受容体によるLDL、IDLのクリアランスも低下
⇒これらの詳細なメカニズムは不明
腎でのアルブミンクリアランス↑が原因
…正常では尿排泄されない、脂肪代謝のメディエーターの存在が示唆される

●高コレステロール血症は膠質浸透圧↑が重要
●高TG血症はAlbクリアランス↓が重要

※大規模な研究は無いが、ネフローゼによる脂質異常症も冠動脈イベントのリスクが上がるとされている。

 
参照 UpToDate