★排尿筋と尿道括約筋の協調不全による。
※完全にはわかっていない

●排便異常を伴う排尿・膀胱異常
dysfunctional elimination syndrome, bowel bladder dysfunction

①直腸圧↑
膀胱後壁への圧力↑
⇒排尿筋が過活動
⇒排尿筋と尿道括約筋の協調不全

②排尿筋、肛門括約筋の神経インプットが同じグループ
・便秘によりずっと外肛門括約筋収縮
骨盤底筋の収縮↑
⇒排尿筋収縮↑
⇒排尿筋と尿道括約筋の協調不全
※便秘
副交感神経↑
⇒排尿筋収縮↑ も関与

③骨盤底筋の収縮↑
排尿筋が弛緩しなくなる
⇒排尿筋と尿道括約筋の協調不全

 
参照 UpToDate