★Afの患者に抗凝固療法開始する目安とする。

■CHADS2 score
・心房細動患者の脳卒中リスクを示したスコア。

CHADS2 acronym

Score

Congestive HF

1

Hypertension

1

Age (≥75歳)

1

Diabetes mellitus

1

Stroke/TIA/TE

2

最大値

6

◎結果

スコア

N

発症

1年以内の発症(%)

1年以内の発症

(アスピリン有無で補正)

0

120

2

1.2

1.9

1

463

17

2.8

2.8

2

523

23

3.6

4.0

3

337

25

6.4

5.9

4

220

19

8.0

8.5

5

65

6

7.7

12.5

6

5

2

44.0

18.2







■CHA2DS2-VASc score

・CHADS2スコアより、脳卒中リスクの感度を上げたスコア。

CHA2DS2-VASc acronym

Score

Congestive HF

1

Hypertension

1

Age (≥75歳)

2

Diabetes mellitus

1

Stroke/TIA/TE

2

Vascular disease

(MI, ASO, 大動脈プラーク)

1

Age (65〜74歳)

1

Sex category (女性)

1

最大値

9

◎結果

スコア

N

発症

1年以内の発症(%)

1年以内の発症

(ワーファリン有無で補正)

0

1

0/2

0.00

0.0

1

422

3/653

0.46 

1.3

2

1230

15/1913

0.78 

2.2

3

1730

31/2673

1.16 

3.2

4

1718

38/2665

1.43

4.0

5

1159

42/1732

2.42  

6.7

6

679

36/1016

3.54 

9.8

7

294

15/436

3.44 

9.6

8

82

3/125

2.41

6.7

9

14

1/18

5.47 

15.2

Total

7329

184/11233

※ワーファリン有無の補正:内服により64%発症減らせるとの報告を採用
 ・陰性的中率(スコア0で脳卒中を発症しない確率)=99.5%

●スコアの解釈

CHADS2
2以上:抗凝固開始
1:抗凝固した方がよいかも
0:しなくて良い or CHA2DS2-VAScのvascular disease, age65-74に当てはまる場合した方がよい
CHA2DS2-VASc
2以上:抗凝固開始
1:人によって異なる
0:しない方がよい


参照 JAMA. 2001 Jun 13;285(22):2864-70.  Lip GY et al.: Stroke 2010; 41: 2731-2738  
更新 2014/10/20