★謎の全身炎症でCRP陰性の場合、SLEを考える。

■機序
○SLE
1型インターフェロン産生
 ※1型インターフェロン:IFNα、βのこと
           …マクロファージを活性化するIFNγと区別される
肝細胞でCRP合成を抑制 
⇒炎症があってもCRP陰性となる
 
■SLEでCRP陽性の場合

・慢性滑膜炎、活動性漿膜炎
・細菌感染の合併


■SLEの血清学的診断
抗核抗体感度93%、特異度は低い
 ⇒陽性の場合、以下の検査をする
 ・抗dsDNA抗体:感度70%
 ・Sm抗体:感度30%
  ⇒これらは特異度高い
・抗Ro/SSA、抗La/SSB 抗体:感度20〜30%
 ⇒Sjogren症候群との合併を考える
・抗U1-RNP抗体:感度25%
 ⇒MCTDとの鑑別が必要
・RF:感度20%
 ⇒抗CCP抗体はほぼ陰性であるため、RAとの鑑別はこちらで行う


参照 UpToDate