★鼻かみが重要。

■副鼻腔炎

ほとんどウイルス性;細菌性は0.5〜2%程度
・細菌性のほとんどは、ウイルス性に合併して生じる
※但し、ウイルス性か細菌性かを鑑別することは、実際難しい
⇒急性上気道炎に合併する副鼻腔炎は、全例3週間以内に、抗菌薬なしで治る

●ウイルス⇒副鼻腔へ

①全身性
直接接触「鼻かみ」が重要
     …鼻腔内圧↑より、ウイルスを含む鼻水が副鼻腔へ
     ⇒炎症↑

●ウイルスの影響 
①炎症↑
⇒浸出液↑、血管透過性↑ 
浮腫、粘液↑
繊毛の機能↓
⇒粘液繊毛クリアランス↓

①、②より副鼻腔閉塞⇒病態が持続
 

参照 UpToDate