★エビデンスのある予防のみ推奨される。

■CD4+細胞数と感染症

CD4

感染症

<400

足白癬、VZV・結核菌再活性化、細菌感染(H.influ, S.pneumo, Salmonellaなど)

<200

HSV再活性化、クリプトスポリジウム、コクシジオイデス、ニューモシスチス、イソスポラ

<100

カンジダ食道炎、トキソプラズマ、ヒストプラズマ

<50

CMVMAC、クリプトコッカス



■予防的抗菌薬投与の概略

①CD4<200
ニューモシスチスに対しST合剤

②CD4<100
・ニューモシスチス、トキソプラズマに対しST合剤
・ヒストプラズマに対しイトラコナゾール

③CD4<50
・ニューモシスチス、トキソプラズマに対しST合剤
・ヒストプラズマに対しイトラコナゾール
・MACに対しアジスロマイシン


■菌ごと

①ニューモシスチス
・ST合剤だめならダプソン
②トキソプラズマ
抗原陽性の場合に予防投与適応
③ヒストプラズマ
暴露の危険のある場合に予防投与適応
④MAC
・アジスロマイシン(週1回)だめならクラリスロマイシン(1日1回)
コクシジオイデス
CD4<250かつIgG, IgM抗体陽性かつ暴露の危険がある場合、予防投与適応
 (日本ではほぼない)
⇒フルコナゾールかイトラコナゾール

※他の菌、ウイルスに対する予防的抗菌薬投与は、生存率を上げるエビデンスが無いなどより推奨されない。


参照 UpToDate