★期待できる患者は多いが、医療者の負担は大きい。

■VBAC:vaginal birth after C-section

・多くの患者で可能
 …VBAC試みることをTOLAC:trial of labor after cesarean という
施設や担当者によって成功率がかなり異なる
 (大学病院の方が成功率が高い、という報告もあり)
・選択に関して説明する内容がかなり複雑で、現状ではムンテラの仕方で決まる状況が多い
⇒無事分娩できる確率を計算するツールなど出てきている
 (臨床現場では有用性低い)

●VBACで良い分娩率が見込まれる患者

①一度以上経膣分娩したことがある+他の病気がない
②40週以前に有効な陣痛あり
 …自然な発来が良い
児の大きさが正常
 …特に4000g以下
④以前帝王切開となった理由が、今回起きなさそうな場合(児の胎位異常など)
⑤以前の帝王切開で、子宮を低位横切開した

●VBACを選択すべきでない患者
①リスクの高い子宮切開;T字やJ字切開
②子宮離開、子宮破裂の既往
③通常経膣分娩を避けるべき状況;前置胎盤など
施設、医療資源が十分でない時


■帝王切開後妊娠において、経膣分娩トライ(TOLAC) vs 帝王切開(ERCD;elective repeat cesarean delivery)のリスク比較


 

 

TOLAC

ERCD

母体

死亡

0.00%

0.01%

子宮破裂

0.47%

0.03%

子宮摘出

0.17%

0.28%

出血

不明

輸血

0.90%

1.20%

感染

4.60%

3.20%

死亡

0.13%

0.05%

低酸素脳症

0.05%

0.00%

敗血症疑い

5%

2%


・児のICU入室率、Apgar score(5分値)には差を認めない
不完全な研究も多く、数字自体は参考程度。


参照 UpToDate
更新 2014/9/24