★VVIとVVTの違い、DDIとDDDの違いを理解する。

■国際ペースメーカーコード

1文字目刺激電極の位置
 …A(心房)、V(心室)、D(両方)
2文字目感知電極の位置
 …A(心房)、V(心室)、D(両方) 

3文字目自己心拍を感知した際の応答(★)
 …T(Trigger 同期):その時点で刺激を与える
  I(Inhibition 抑制):次の刺激を取り消す
  D(両方)
自己心拍が感知されなければ、設定通り刺激される 
…自己心拍の上に刺激してしまうと危険
⇒★の機能をデマンド機能という

tracking機能心房、心室間で同期する
…心房収縮 or 心房ペーシング
⇒設定された房室 delay:AV delay
⇒刺激(AV delayの間に心室の自己心拍が感知されると、心室刺激を抑制)
これがあるかないかが、DDIとDDDの違い
 

■主なモードの特徴

①VVI
設定した回数より心室の自己心拍が少ないときのみペーシング、そうでなければペーシングしない
・右心室に1本のリードのみ
※VVIとVVTの違い
⇒自己心拍をセンシングした時、VVIはトリガーなし、VVTはトリガーあり
⇒しかし、VVTのトリガーは心室絶対不応期と重なり、結果的に自己収縮のみとなる
⇒つまり、VVIとVVTの働き方は同じ
⇒しかしVVTは電力消費が多いため、現在使われない

②DDI
・VVI + AAI

⇒心房か心室のどちらか収縮すれば、刺激はお休み
・右心房、右心室に1本ずつのリード

③VDD

・センシングはAとVだが、刺激はVのみ
⇒これでも右心室に1本のリードで済む
心房の自己脈がある前提のtracking機能
 =洞結節が正常の場合、DDDと同じ
⇒しかし、Aをセンシングしない(アンダーセンシング)と、VVIと同じになってしまう
⇒2本のリードも入れたくない高齢者に適応。

④DDD

・完全なtracking機能
…心房収縮あり、その後心室収縮無ければ、心室収縮をトリガー
 心房収縮無ければ、それもトリガー
・右心房と右心室に1本ずつのリード
最近は基本的にDDD
⇒但しAfの場合DDIにする;AセンシングVトリガーすると大変なことになるため

 
参照 各種サイト