★機能は、ペースメーカー<ICD<CRT-D

■ペースメーカー

・主な適応は徐脈の症状をとること
 …様々なmodeがある 参照:ペースメーカーの設定
・SSSにはDDD(2本リード)が推奨される
 …洞結節が悪い状態でも、房室結節が悪くなるリスクが高いため
⇒基本的には、心房▶心室」で収縮することを目指す


■ICD: implantable cardioverter-defibrillator

・主な適応はVF/VTによる突然死を防止すること
「ペースメーカー+除細動機能」と考えられる
・ショックは、①ジェネレーター(本体)とショックコイル(リードの先端)間、②ショックコイル間、の2種類ある
リード2本(dual-chamber ICD)の場合、AF, PSVT, VT, VFの鑑別を高精度に行うことができる
※下記参照
● ICDの機能
抗頻拍ペーシング(ATP:anti-tachycardia pacing)
・特にリエントリー性VTに対する治療
・ショックに比べ苦痛が少ない
・多形成VT/VFにはあまり有効でない
②カルディオバージョン、除細動
・VFと判断されれば除細動行われる
参照:除細動とカルディオバージョンの違い,その原理
③徐脈治療(ペーシング)
・ペースメーカーの機能と同様


■CRT-D:cardiac resynchronization therapy - defibrillator

CRT+ICD機能
リードが3本必要:右房+右室+冠静脈洞
・「左右心室が同時に興奮する」ことを目指す(=CRT)
…dyssynchronyによる心拍出量の減少を改善させる;左脚ブロックや心室内伝導障害
・重症心不全に対する利益が証明されている
…outputを増やす、心室リモデリングを逆転させるなど


■リードの構造

●上の機械は全て、ジェネレーター+リード、という構成
①先端
固定がpassiveかactiveか
…passive:羽のような構造で、肉柱に埋まる
 active:スクリューを出して埋める(心臓のどこにでも配置可能)
※現在はほとんどactive
②導線
unipolarかbipolarか
⇒一重だとアーチファクトが多い
ショックコイル
・ICD機能を使う場合必要:ここから電気が出力される
ショックコイル2本がついているリードが多い(RVとSVCなど)
…dual chamber ICDの場合、「ショックコイル2本付きリード+ショックコイルないリード」
⇒ショックコイルとジェネレーター間だけでなく、ショックコイル間で通電できる
⇒必要電力がへり、除細動閾値(DFT:defibrillation threshold)が下がる
※ショックコイル付きのリードは、sensing, pacing, shockの全てが可能。


参照 UpToDate, Brawnwald, ペースメーカー友の会