★Killip分類は古典的だが今も有用、TIMIスコアは優秀。

■Killip分類

 

 

1967年時点での死亡率

class

心不全兆候なし

5%

class

軽度〜中等度心不全

17%

class

心不全+肺水腫(肺野の50%以上にラ音聴取)

38%

class

心原性ショック

81%


・現在でもリスク層別化の手段として有効(勿論死亡率はかなり異なる)
 

■TIMIスコア

年齢

75歳以上

3

6574

2

DMHTか狭心症の既往

1

sBP100

3

HR100

2

Killip classⅡ以上

2

体重<67kg

1

後壁のST上昇、左脚ブロック

1

再還流まで4時間以上

1

●結果

TIMIスコア

1年間の死亡率

0

1%

1

1%

2

1.80%

3

3%

4

4.20%

5

6.70%

6

7.70%

7

12.10%

8

16.30%

8点以上

17.20%

※死亡率は2000年時点
血栓溶解療法のあるSTEMI患者に対し作られたスコア
・入院中の死亡率とも相関する
⇒現在最も汎用性高い


■TIMI risk index(TRI)

●TRI{HR×(年齢÷10)2}÷sBP

TRI

入院中の死亡率

30日間の死亡率

12.5

0.6

0.8

12.517.5

1.5

1.9

17.522.5

3.1

3.3

22.530

6.5

7.3

30

15.8

17.4


・簡易化したリスク層別化
・TRI<30は低リスクと考えられる


参照
Killip分類:Am J Cardiol1967 Oct;20(4):457-64.
TIMI risk score:Circulation. 2000;102(17):2031.
TRI:Lancet. 2001 Nov 10;358(9293):1571-5.