★心不全の予後には様々なものが関わるので、計算ツールがある。

◎まあ、普通はNYHAで十分。


■NYHA (New York Heart Association)機能分類

NYHA

具体的な基準

日常生活動作で症状なし

7Mets以上の運動:屋外での作業、スポーツ

日常生活動作で症状あり
安静にて改善

5Mets以上の運動:性交、ガーデニング、4km/h歩行、ローラースケート

少しの動作で症状あり
生活がかなり制限される
安静にて改善

2Mets以上の運動:シャワー、窓ふき、2.5km/h歩行、着替え、ゴルフ、ベッドメイク

少しでも動くと症状増悪
安静でも改善せず

2Mets以上の運動ができない



■ACC/AHA staging

Stage

対象

45歳以上の有病率

D

難治性の終末期心不全

NYHA
治療しても安静時に症状(+)

0.20%

C

症候性心不全

NYHA -
運動耐用↓、背景の心疾患(+)

12%

B

無症候性心不全

OMIEF低下、無症候性弁膜症

34%

A

心不全ハイリスク

HT、冠動脈疾患、DM、心筋症の家族歴

22%

正常

32%


◎結果

Stage

5年間の死亡数/患者数

D

5/5 (100%)

C

68/239 (28%)

B

33/691 (5.8%)

A

13/454 (2.9%)

正常

10/640 (1.6%)

※死亡はいかなる原因も含めて

・簡便で、予後と良く相関する分類。


■シアトル心不全モデル

https://depts.washington.edu/shfm/


・年齢やNYHAなど+薬剤+ラボデータ、デバイス+インターベンションを入力
⇒かなり正確なベースラインの生存率(1-3年)、インターベンション後の生存率(1-3年)がわかる
・過去の大規模研究の症例を集めて作られた
 …平均EF=22〜35%, 平均NYHA=2.2〜2.9
⇒前向き試験で有用性が確認されている
(特に上記に当てはまる群で信頼性高い)


※心不全はかなりヘテロなので、分類に関してかなりリサーチがなされています。


参照 UpToDate, Brawnwald(一読を)

Braunwald's Heart Disease: A Textbook of Cardiovascular Medicine, 2-Volume Set, 11e