★病棟での検索用。2014年11月時点。
「商品名(ジェネリック):用量:特徴」 (青が一般名)


■抗凝固薬
・ワーファリン(ワルファリン、アレファリン、ワーリン)0.5, 1, 2, 5mg
<NOAC>
・プラザキサ 75, 110mg:直接トロンビン拮抗薬(Ⅱa, トロンビン-TM複合体阻害)、腎排泄80%、1日2回内服
・イグザレルト 10, 15mg:Ⅹa阻害薬、腎排泄65%、1日1回内服
・エリキュース  2.5, 5mg:Ⅹa阻害薬、腎排泄20%、1日2回内服


■抗血小板薬
・バイアスピリン(アスピリン腸溶錠、ゼンアスピリン)100mg:COX1阻害
・パナルジン(チクロピジン、チクピロン、ニチステート、マイトジン、パナピジン、ピエテネール、ソロゾリン、ファルロジン、ジルベンダー、パチュナ、ヒシミドン)100mg:ADP受容体阻害、cAMP↓
・プラビックス  25, 75mg:ADP受容体阻害、cAMP↓
・ペルサンチン(ジピリダモール、アンギナール、ペルミルチン、ヨウリダモール、サンペル)12.5, 25, 100mg:PGI2作用・放出↑、TXA2合成↓により、両者のバランスをとる
・プレタール(シロスタゾール、シロシナミン、プラテミール、プレトモール、ホルダゾール、ファンテゾール、コートリズム、グロント、ラノミン、シロスレット)50, 100mg:ホスホジエステラーゼ3(PDE3)阻害
・プロサイリン、ドルナー(ベラプロスト、ベルナール、プロスタリン、プロルナー、ドルナリン)20, 40μg:プロスタサイクリン受容体刺激、アデニル酸シクラーゼ活性化
・プロレナール、オパルモン(リマプロストアルファデクス、リマルモン、ゼフロプト、オプチラン)5, 10μg:PGE1製剤
・アンプラーグ(サルポグレラート)50, 100mg:5-HT2(セロトニン)受容体阻害
・ロコルナール(トラピジル、セオアニン、アンギクロメン、カルナコール)50, 100mg

※参照 COX, PDEと血小板の関係:抗血小板薬いろいろ ★血小板凝集の機序