★右室への還流症を減らす、ということ。

◎意外に循環器で理解されていない、病態生理。


■起坐呼吸のメカニズム

起坐呼吸=ほぼ左心不全
・立位/座位:左心は肺静脈系の中央、右心は体静脈系より高い位置にある
・臥位:左心右心とも、それぞれに対応する静脈系の中央に位置する
立位/座位では右室充満圧が、左心に比べ低い
 =右室拍出量が低下
機能低下した左心系による肺うっ血による呼吸困難は、右室から肺への流入量が減ることで改善

※よって、純粋右心不全では起坐呼吸が無い。また、左心不全に右心不全が合併すると、同じ機序で呼吸不全がやや改善する。


起坐呼吸が肺疾患による場合
両側肺上部に病変がある場合(特にCOPD)
⇒座位により、健常な肺下部に血流が増加
⇒酸素化が改善、呼吸困難感も改善

※この場合、患者は前かがみになる
…腹部を圧迫
腹腔内圧増加、平坦になった横隔膜をよりドーム状に押す
⇒呼吸のピストン運動をより効果的にする



参照 サパイラ(最近は発展しないですが、一度読んでおくべき身体診察の教科書)

サパイラ 身体診察のアートとサイエンス 原書第4版