★シンドロームXとは症候で、その原因として微小血管の狭心症がある。

■シンドロームXとは

狭心痛のようなエピソードがあり、負荷テストが陽性だが、冠動脈造影で狭窄がないもの
⇒この原因として、微小血管狭窄による循環障害がある。
・中年女性に多い


■シンドロームXの病態(仮説)

心内膜下に限局した虚血
・この機序は3つ考えられる:内皮障害、心臓の自律神経不全、微小血管の狭窄
⇒微小血管狭窄で内皮障害あらわれる事から、これが主体とする考え方もある
疼痛過敏性
負荷テストで虚血が証明されなくても狭心痛を訴える患者いる
 +カテーテルの心内移動で疼痛を訴える患者いる
…交感神経のインバランス、オピオイド系の活性↓が原因か 


■診断

狭心痛があり、CAGで30%以上の狭窄なく、以下の鑑別が除外されればOK
(虚血の証明は必須でない)
※鑑別疾患
・冠攣縮
・微小血管狭窄を呈する疾患:左室肥大、右室肥大(肺高血圧)、タコツボ心筋症、全身性アミロイドーシス、糖尿病

●シンドロームXで、血管運動障害(アデノシンによる血管拡張、アセチルコリンによる収縮など)が証明されれば、微小血管の狭心症と診断される
 
●他、参考となる検査

CFR:coronary flow reserve
・安静時と負荷時(アデノシンかジピリダモール)の冠動脈最大血流量の比。ドップラーガイドワイヤーを用いて測定する。
・普通2.5〜5。CAGで有意狭窄内とき、CFRは微小循環の血管抵抗をあらわす
心臓MRI
・研究段階。ガドリニウム造影にて心筋還流欠損を認める。


参照 UpToDate