★ピグアナイドは糖新生抑制、チアゾリジンはPPARアゴニスト。

■ピグアナイド

●種類
メトホルミン(メトグルコ、グリコラン、メデット)
・ブホルミン(ジベトス)

●機序
グリセロリン酸デヒドロゲナーゼ(mGPD)の特定の型
 …グリセロールリン酸→ジヒドロキシアセトンリン酸
  乳酸→ピルビン酸
 ⇒これらは糖新生の利用される
⇒これを阻害することで、糖新生を抑制
⇒余ったグリセロールと乳酸は血中へ
LKB1(癌抑制遺伝子)を活性化
⇒AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)を活性化
⇒アセチルCoAカルボキシラーゼのリン酸化を阻害
⇒脂肪新生↓、遊離脂肪酸↓
末梢組織(肝や筋)でインスリン感受性↑;特に食後

●特徴

2型糖尿病で最初に使う内服薬
 …非肥満例にも有効
・低血糖を起こしにくい
・血糖を20%、HbA1cを1.5%下げると言われる
・体重減少作用あり
・癌の発生を抑えると言われる;LKB1活性化による細胞成長抑制

●副作用

消化器症状、金属の味がすることが多い
・再生不良性貧血(稀)
 …ビタミンB12吸収が低下することによる
乳酸アシドーシス(0.009%程度)
 …循環血漿量低下、低酸素の背景がある時に起こるといわれる
⇒禁忌など、参照:


■チアゾリジン
●種類

ピオグリタゾン(アクトス)
●機序
peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs)に結合
骨格筋のインスリントランスポーター活動↑:感受性↑
 脂肪で炎症関連遺伝子の発現↓
 CNSに作用しインスリン感受性↑、接触中枢刺激し体重↑
 膵臓のβ細胞の機能を保つ:インスリン分泌、血糖値↓
 尿細管でNa再吸収↑:体液貯留

●特徴

・メトホルミンと同様、第1選択になりうる
⇒しかし副作用とコストの面から、メトホルミンが優先される事が多い
 …肥満例(インスリン抵抗性あり)に有効
・血糖を39〜65、HbA1cを1〜1.6%下げる
・低血糖を起こしにくい

●副作用

体重増加:脂肪細胞増殖、TG蓄積
体液貯留:心不全増悪、浮腫
骨密度↓、骨折:そこまで寄与しないが、骨密度低い女性にはなるべく避ける
・膀胱癌:増えるという説もある
・他、肝障害、黄斑浮腫、湿疹


参照 UpToDate