★そもそもやるメリットが確認されていない。

■インスリンスライディングスケール(SSI)

測った時の血糖に応じて、超速効型インスリンを投与する
 …1934年に提唱され、簡便のため世界中に広まった
 (この頃は、尿糖の量でインスリン量を調整していた)
SSIに利益があるとする研究は、実はMedline上に1つもない
 +悪影響がある、とする研究が複数ある
 +インスリン強化療法の方が優れる、という研究は沢山ある
・世界的に、スライディングスケールを止めるよう勧告されている
 …JAMA: Time to stop sliding など


■SSIを止めるべき理由

●例えば食前3回+眠前測定(4検)の場合 
食後の血糖上昇を抑えられない(食前の血糖分だけ下げようとしているだけ)
 ⇒高血糖のリスクが高い
②就寝時は食事を食べない
 ⇒低血糖リスクが非常に高い
 ⇒反跳性高血糖となりうる
③血糖を上げてから下げるので、振れ幅が大きい
 ⇒振れ幅は心血管リスクである
④基礎分泌が無い場合、超速効型の効いている時間しか効果がない
 ⇒それ以外の時間の高血糖を全く是正できていない
⑤個人によりインスリン感受性が全く異なる
 ⇒統一した方法で適応できるはずがない

※血糖管理で絶対に避けるべきなのは、低血糖と、超高血糖によるケトアシドーシスなど
⇒SSIはどちらのリスクも上げる
⇒そもそも利益が確認されておらず、やらない方がましかも
⇒しかも、必ず他の方法を用いて血糖コントロールすることができる(次回)


参照 UpToDate,  JAMA. 2009;301(2):213-214