★原因が多すぎて除去しきれない。

■原因

代謝異常
低血糖,低Ca血症,肝・腎不全
全身状態悪い栄養失調,感染,脱水(循環血漿量↓だけでも)
・脳疾患:低酸素脳症,神経変性疾患,脳卒中,加齢,アルコール
薬剤(原因の30%)
⇒何でも原因になるが、特に以下に注意。
 ①オピオイド;せん妄
疼痛増強として発現しうる
 ②ベンゾジアゼピン「眠れない→眠剤」も原因となる
 ③H2ブロッカー;見過ごされやすい。CNSでの抗ヒスタミン作用の影響か
※治療域の濃度でも生じる!


●リスク

・疼痛;リスクとなる(9倍)
・術後,癌は特に高いリスク
・状況:動けない(抑制も含まれる),care unitへの長期滞在,部屋変更,時計ない状況
    視覚聴覚の制限(眼鏡なし,リハビリなし)など.入院自体も.


■治療
原因の除去が最重要
⇒但し、なんでも原因になるので、現実的にはできるだけ除去する。

●次に
サポート管理が重要
…痛みや栄養をしっかり管理する

 付き添い人がいると出にくいか,いないと出にくいか判断する
 環境変化に注意する

薬剤
著効するエビデンスは乏しいが、臨床上著効する印象はある。
①内服可能な場合
セレネース(ハロペリドール) 0.5~1mg、
リスパダール(リスペリドン) 0.5~4mg
 …
major tranquilizer:ドパミン2受容体遮断
⇒昔から使われ、一番エビデンスがある
 ※リスパダールはセレネースの2倍の力価

ジプレキサ(オランザピン)やセロクエル(クレチアピン)
 …
非定型抗精神病薬:ドパミン2受容体+セロトニン2A受容体遮断
催眠作用もあり、使える。但し糖尿病患者には禁忌


②内服困難な場合
セレネース(ハロペリドール) 1~2A:せん妄を軽くする(頻度は減らない)
⇒効かなければ、追加でサイレース(フルニトラゼパム) 1A:眠剤。寝るまで投与。

抑制は最終手段(不穏を助長する)


参照 UpToDateなど