★Lightの基準で滲出性胸水の場合、色々な手段で鑑別を進める。

■胸水穿刺の意義

確定診断できる疾患は限られている
膿胸、癌、結核、真菌、食道破裂、乳び胸、血胸、カテーテル迷入

※血胸
・肉眼的血胸、Ht>50% で血胸
・原因:悪性腫瘍、外傷、肺塞栓、アスベスト肺
 

■浸出性 or 漏出性
●浸出性胸水の診断

 

 

感度

特異度

胸水LDH

≧血清LDH2/3

82

89

胸水÷血清LDH

0.6

90

82

胸水TP

3

90

90

胸水÷血清TP

0.5

86

84

胸水Chol

60

54

92

43

75

80

胸水÷血清Chol

0.3

89

81

血清−胸水TP

3.1

87

92

Lightの基準

1つ以上

98

83


●浸出性じゃないことを言いたい
(漏出性である心不全、ネフローゼの頻度が非常に多いため)
感度が高いLightの基準が有用
※ただし滲出性=炎症であり、鑑別疾患は多数ある
⇒以下で鑑別を進める


■滲出性胸水の時、鑑別に有用な検査項目
●細胞分画

①好中球優位
・急性期炎症を示す;PEを忘れない
リンパ球優位(50%以上)
・結核、悪性腫瘍、リンパ腫、心不全、CABG後、RA、乳び胸、尿毒症、サルコイドーシス
⇒結核と悪性腫瘍をrule outする必要あり

●糖
・低値の場合、滲出性胸水の鑑別が絞られる
61.2mg/dl以下;肺炎、膿胸、結核、SLE、RA、悪性腫瘍、食道破裂
(膿胸とRAでは特に低く、感度以下ともなりうる)

●pH
・正常値は7.6程度
・肺炎、悪性腫瘍による胸水:pH7.3未満の場合、治療抵抗性で予後が悪い

●ADA
・リンパ球優位だが結核菌が検出されない場合
ADA>50で結核診断の感度91%、特異度81%

●AMY
血清アミラーゼより濃度が高い場合
⇒膵炎、食道破裂、悪性腫瘍の可能性高い


参照 UpToDate、http://hospi.sakura.ne.jp/wp/wp-content/themes/generalist/img/medical/jhn-cq-140804-nerima.pdf